コンテンツにスキップする

NY外為:ユーロが週間で上昇-独仏のユーロ防衛宣言を好感

ニューヨーク外国為替市場では、ユ ーロがドルに対して週間ベースで今月初の値上がりとなった。ドイツの メルケル首相とフランスのオランド大統領は27日、欧州単一通貨ユーロ を守るために必要な「あらゆる措置」を取ると表明した。

この日の市場では、ドルが円に対して上昇。4-6月(第2四半 期)の米経済は成長ペースが鈍化したものの、エコノミスト予想は上回 り、連邦公開市場委員会(FOMC)が来週の会合で追加緩和を決定す るとの見方が後退した。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は同中銀 による債券購入をめぐりドイツ連銀のバイトマン総裁と協議すると、 ECB当局者2人が明らかにした。メキシコ・ペソとニュージーランド (NZ)ドルは値上がりしている。

UBSのシニア通貨ストラテジスト(米コネティカット州スタンフ ォード在勤)、シャハブ・ジャリヌース氏は電話インタビューで、「ユ ーロをめぐる市場の不安を短期的に解消させるような材料が出れば、ユ ーロは上昇する」と述べた。

ユーロは対ドルで今週1.4%上昇となった。週間ベースでは2月以 来の大幅高。この日の市場ではニューヨーク時間午後5時現在、0.3% 高の1ユーロ=1.2322ドル。一時0.9%高の1.2390ドルと、6日以来の 高値を付けた。引けにかけて、ユーロ防衛に向けた追加措置の影響で通 貨価値が押し下げられるとの見方が台頭してきた。

ドルは対円で今週はほぼ変わらず。この日は0.3%高の78円46銭だ った。ユーロは対円で今週1.3%の値上がり。この日は0.6%高の1ユー ロ=96円67銭。

値上がり率最大はペソ

メキシコ・ペソは主要通貨中で最大の値上がり。米経済成長率が市 場予想を上回ったことで、最大の貿易相手国である米国への輸出が増え るとの楽観が広がった。ペソは対ドルで1.3%高の1ドル=13.2393ペ ソ。

NZドルは上昇。リスク選好が高まったほか、ECBの追加措置観 測で株式・商品相場が値上がりしたことが背景にある。米株式市場では S&P500種株価指数が1.9%高。商品のS&P・GSCIスポット指数 は1%上昇した。

NZドルは1%高の1NZドル=0.8097米ドル。一時1.1%高 の0.8106米ドルとなった。

「深刻な影響」

ユーロが引けにかけて伸び悩んだことについて、トロント・ドミニ オン銀行のチーフ通貨ストラテジスト、ショーン・オズボーン氏は、 「大規模な追加債券購入という方法を取った場合、ECBのバランスシ ートに非常に深刻な影響が及ぶという見方が市場に広がった」と指摘。 「当初はリスクオンやドルに対するネガティブな見方からユーロは上昇 したのかもしれない。だが最終的には、より長期的な視点からくる懸念 が再び重しになる可能性がある」と続けた。

この日はメルケル独首相とオランド仏大統領が、両国にはユーロ圏 を完全な状態に保つ強い義務があると表明。これを受けてユーロは上昇 した。

ECBのドラギ総裁は、債券購入を含む新たな一連の措置を導入す るため、ドイツ連銀のバイトマン総裁と近く協議する。ECB当局者2 人が明らかにした。

当局者によると、ドラギ総裁の提案には欧州救済基金による発行市 場での国債購入が含まれており、ECBによる流通市場での購入と合わ せ、過去最低の政策金利を確実に浸透させる狙いがある。また当局者の 1人によると、ECBの一段の政策金利引き下げや銀行向けの長期貸付 も議論される見通し。

原題:Euro Gains Versus Dollar for First Week Since June Amid Pledges(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE