ロンドン五輪:さあ開幕、緊縮でも国民の熱意で盛り上がろう

ロンドン五輪が27日開幕する。英景 気悪化で大会向けの支出は抑えられたものの、国内の熱意がオリンピッ クを盛り上げ成功に導くことを運営当局は期待している。

ロンドン五輪のための英政府の支出は、2008年の北京五輪で中国政 府が使った額の4分の1だ。70匹の羊と12頭の馬が登場し200年前の詩 が朗読されるこの日の開会式典は、リセッション(景気後退)に見舞わ れている英国の首都ロンドンの中でも貧しさが目立つ地域で行われる。 4年前の北京では3万発の花火の下、1万4000人のパフォーマーが世界 中からの選手や観客らを歓迎した。

国際オリンピック委員会(IOC)委員を務めるヨルダンのファイ サル王子はインタビューで、「必ずしも金をかけなくてもできることは たくさんある」として、「金で熱意は買えない」と話した。

大会は、アカデミー賞受賞のダニー・ボイル監督が演出する英国の 歴史紹介プログラムで幕を開ける。10億人以上がテレビで視聴すると予 想される。開会式には、米大統領選で共和党候補指名が確実なロムニー 前マサチューセッツ州知事らが出席する。

IOC執行役員のデニス・オズワルド氏はインタビューで、「それ ぞれの国が自国の文化や習慣、メンタリティーに沿って大会を運営すれ ばよい」として、「中国には壮大という言葉が似合うが、これは英国に は当てはまらない」と語った。

17日間の大会に英政府は93億ポンド(約1兆1500億円)を割り当て た。中国が北京五輪にかけた費用は700億ドル(5兆4900億円)。

原題:London Olympics Count on Fervor to Overcome Recession Budget (1)(抜粋)

--取材協力:Danielle Rossingh、Louise Beale.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE