北京市:豪雨死者数を77人に更新、40人増やす-不信強まる中

中国の北京市政府は、先週末の記 録的豪雨による死者の数を当初の発表から引き上げて77人とした。従来 は37人としていたが、同国のミニブログ利用者らは懐疑的な見方を発信 していた。

国営の新華社通信は26日、土砂崩れ現場を救助隊が重点的に捜索し たところ、新たに遺体が見つかったと報じた。北京市の洪水対策本部の 潘安君報道官の話を基にしている。行方不明者の捜索はほぼ終了したこ とから、今後、死者数が大きく増えることはないだろうと新華社は伝え ている。

北京市当局は、22日に最初の推定死者数を発表して以来、全く更新 していなかった。新華社は26日の論説で市の情報開示姿勢に疑問を投げ 掛け、死者数の更新の遅さに「一般市民は激怒し、当惑した」と批判し た。新華社によると、北京の21日の降水量は1時間当たり最大16インチ (約406ミリ)と、過去60年で最大となった。車両と不動産の損害に対 する保険請求額は5億元(約61億円)余りに上るという。

新華社は潘報道官の話を引用し、死者77人のうち66人の身元が特定 されたと伝えている。身元特定者の中には救助活動中に亡くなった5人 も含まれるという。

中国の電子商取引サイトでは、緊急用のハンマーの売り上げが急増 している。豪雨による犠牲者の中には、車の中に閉じ込められ脱出でき ずに溺死した男性がいたとの報道がきっかけだ。

原題:Beijing Updates Rainstorm Death Toll to 77 Amid Skepticism (抜粋)