米高級避暑地ハンプトン、住宅販売件数が5年ぶり高水準

米ニューヨーク州ロングアイランド に位置し、マンハッタンの富裕層の避暑地として有名なハンプトン地区 の住宅販売が5年ぶりの高水準に達した。最高級物件と一次取得者向け の物件の両方に買い手が集まった。

不動産鑑定を手掛けるミラー・サミュエルと仲介業のプルデンシャ ル・ダグラス・エリマン・リアル・エステートが26日公表したリポート によると、4-6月(第2四半期)の取引件数は539件と、前年同期比 で9.6%増加。この地域の住宅価格がピークに向かっていた2007年1- 3月期以来の高水準となった。500万ドル(約3億9130万円)超の高額 物件の購入は38件と、10年末並みの水準で、両社が5年前にデータ集計 を開始して以来では最高の水準。

ミラー・サミュエルのジョナサン・ミラー社長はインタビューで 「高額物件では、1件の売却が別の売却につながるという群集心理のよ うなものが見られる」と指摘。高級物件に買い手が集まっている背景に は、ニューヨーク市の雇用情勢の改善や、海外の裕福な投資家が資金を 避難させる動きがあると分析した。

同氏はまた、住宅ローン金利が過去最低水準にあるため、最も安価 な住宅の取引を後押ししていると述べた。ミラー・サミュエルとプルデ ンシャルによれば、100万ドル未満の物件購入は第2四半期の売買 の64%を占めた。このため価格の中央値は前年同期比で9.3%低下し85 万ドルとなった。一方、全取引の売買価格上位10%を対象にした高級物 件では、価格の中央値は16%上昇し、513万ドルだった。

原題:Hamptons Home Sales Jump to 5-Year High as Luxury Deals Rise (1)(抜粋)

--取材協力:Noah Rayman.