コンテンツにスキップする

NY銅:続伸-ECB総裁発言で需要への懸念後退

26日のニューヨーク銅先物相場は続 伸。欧州中央銀行(ECB)が金属需要の妨げになっている債務危機へ の対応強化を示唆したことが好感された。

ドラギECB総裁は欧州単一通貨ユーロの存続のためにはいかなる 措置も辞さないと表明した。ドルが主要6通貨のバスケットに対して下 落し、代替投資先としての銅の魅力が高まったことも、銅相場の上昇要 因。

ペンション・パートナーズの主任投資ストラテジスト、マイケル・ ゲイド氏(ニューヨーク在勤)は電話インタビューで、「ECBは自己 防衛から何か行う必要がある」と指摘。「欧州各国のイベントリスクが 商品相場を抑制しており、リスクが解消されれば、商品市場は恩恵を受 ける」との見方を示した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物 9月限終値は前日比0.6%高の1ポンド=3.3935ドル。銅相場は前日 も0.6%の上昇だった。

原題:Copper Rises as Draghi’s Promise on Euro Reduces Demand Concerns(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE