LIBOR問題、数社トレーダーを訴追の準備-関係者

米検察当局は、ロンドン銀行間取引 金利(LIBOR)の操作を狙った談合に関与したとして、英銀バーク レイズだけでなく複数の銀行のトレーダーを今秋刑事訴追する準備を整 えている。事情に詳しい関係者1人が明らかにした。

同関係者によれば、トレーダーに対する刑事訴追は10月までに行わ れる公算が大きく、バークレイズと英米当局との先月の和解の際に説明 された行為からさらに広げた金利操作が焦点となるという。

米検察当局は当初、早ければ9月3日のレーバーデーの祝日をめど にLIBOR不正操作に関与したトレーダーの訴追を目指していた。

バークレイズはLIBORのレートを不正に申告したとして6月後 半に米英当局から4億5000万ドル(約352億円)の制裁金を科せられて いる。

米司法省のアンディ報道官はコメントを控えた。これまでに当局へ の提出書類やメディア報道、銀行側によって調査対象と特定されている トレーダーは20人近くに上る。バークレイズの和解ではさらに14人のト レーダーが言及されているが、名前は特定されていない。

--取材協力:Lindsay Fortado.