NY金:続伸、ECB総裁発言を好感-米緩和期待も高まる

ニューヨーク金先物相場は続伸。欧 州中央銀行(ECB)はユーロを守るために必要なあらゆる措置を取る とドラギ総裁が表明したことや、米国の追加緩和への期待が高まってい ることから、買いが膨らんだ。

ドラギ総裁は26日の講演で「これらソブリン債のプレミアムが金融 政策の効果浸透の妨げとなっている限り、高利回りの問題はECBの責 務の範囲内にある」と述べた。米商務省が発表した6月の製造業耐久財 受注額は、変動の大きい輸送用機器を除く受注が1.1%減少し、5カ月 で最大の落ち込みとなった。これを受けて、米金融当局が成長安定策を 強化するとの観測が強まった。

調査会社CPMグループ(ニューヨーク)のマネジングディレクタ ー、ジェフリー・クリスチャン氏は電話インタビューで、「ドラギ総裁 の発言や、米国でなんらかの緩和措置が発表されるとの見方が強まって いることが相場上昇の要因だ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物12 月限は前日比0.4%高の1オンス=1619.80ドルで終了。年初から は3.4%値上りしている。

原題:Gold Climbs on Draghi’s Euro Pledge, U.S. Stimulus Speculation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE