7月26日の欧州マーケットサマリー:株が大幅反発

欧州の為替・株式・債券・商品相 場は次の通り。 (表はロンドン午後6時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.2285   1.2158
ドル/円             78.30    78.16
ユーロ/円           96.19    95.03


株              終値   前営業日比 変化率
ダウ欧州株600  256.58     +6.19    +2.5%
英FT100     5,573.16   +74.84    +1.4%
独DAX      6,582.96   +176.44   +2.8%
仏CAC40    3,207.12   +125.38   +4.1%


債券          直近利回り 前営業日比
独国債2年物      .05%        +.01
独国債10年物     1.32%       +.06
英国債10年物     1.48%       +.02


商品                  直近値   前営業日比 変化率
金   現物午後値決め  1,618.00    +17.00   +1.05%
原油 北海ブレント        105.10      +.72     +.69%

◎欧州株式市場

26日の欧州株式相場は反発。ストックス欧州600指数は5営業日ぶ りに上昇し、ほぼ1カ月ぶり大幅高となった。欧州中央銀行(ECB) のドラギ総裁がこの日、欧州単一通貨ユーロの存続のためにはいかなる 措置も辞さないと表明した。

銀行株が買われ、スペインのサンタンデール銀行が11%高。イタリ アのウニクレディトは9.2%の値上がり。世界2位の消費財メーカー、 英・オランダ系ユニリーバは4-6月(第2四半期)決算で売上高の伸 びがアナリスト予想を上回り、ロンドン市場で5.4%上昇。少なくと も1988年9月以来の高値となった。市場予想を超える好決算を発表した 携帯電話会社のフランステレコムも値上がりし、6.4%高。

ストックス欧州600指数は前日比2.5%高の256.58で終了。上昇率は 6月29日以来で最高となった。前日までは7%を上回るスペイン国債利 回りの急上昇を受け、4営業日で計4.4%下落していた。

オールド・ミューチュアル・アセット・マネジャーズUK(ロンド ン)のファンドマネジャー、ケビン・リリー氏は「当局者らはユーロ崩 壊を望んでおらず、最終的には通貨同盟を確実に維持するのに必要な決 断を下すだろう」と指摘。「スペイン経済が持続可能になるには、国債 利回りが5%を下回らなくてはならない。これには政策を通じた行動が 伴うはずだ」と付け加えた。

ドラギ総裁はロンドンでの講演で、「ECBはその責務として、ユ ーロの存続のために必要ないかなる措置をも取る用意がある」と表明。 スペインとイタリアの国債は値上がりし、利回りは低下した。

この日の西欧市場では、18カ国中16カ国で主要株価指数が上昇し た。

原題:European Stocks Rally as Draghi Pledges to Preserve the Euro(抜粋)

◎欧州債券市場

26日の欧州債市場ではスペインとイタリアの国債が続伸。欧州中 央銀行(ECB)はユーロ存続のために必要とあればいかなる措置も 辞さないととドラギ総裁が表明。国債利回りの上昇を抑えるため同中 銀が行動する意志が示唆された。

スペイン国債の利回りは2年物が今月に入ってから最大の下げと なったほか、10年物は7%を割り込んだ。ドラギ総裁は高利回りへの 対処はECBの責務の範囲内だと語った。こうした発言を受けて域内 で最も安全とされるドイツ国債の需要が後退し、同国債は下落した。

アイルランド国債は堅調で、2年債利回りは4%を下回った。同 国政府はほぼ2年ぶりに国債を新規発行する計画を明らかにした。

KBC銀行の調査責任者ピエ・ラマン氏(ブリュッセル在勤)は、 「ドラギ総裁の発言は重要だ。ECBがスペインとイタリアの国債利 回りを積極的に押し下げる措置を検討していることを示唆した部分は 特に大事だ」と述べ、「スペインとイタリアの利回りへの極めて強い 圧力が緩和された。ドラギ総裁は何らかの措置を講じるための可能性 を開いた」と続けた。

ロンドン時間午後4時36分現在、スペイン2年債利回りは前日比 76ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の5.66%。一時 は79bp低下と、先月29日以来で最大の下げとなった。同国債(表 面利率4.75%、2014年7月償還)価格はこの日、1.375上げ

98.33。

イタリア2年債利回りは88bp低下し4.06%。

スペイン10年債利回りは44bp下げて6.93%。前日は1996年 11月以来の最高となる7.75%に達した。イタリア10年債利回りは 39bp低下の6.06%。

ドイツ10年債利回りは前日比7bp上げ1.33%。6月1日と今 月23日には過去最低となる1.127%まで低下した。2年債利回りは マイナス0.051%で、1bp上昇した。

原題:Spanish, Italian Bonds Rally as Draghi Pledges to Preserve Euro(抜粋)

◎英国債市場

26日の英国債相場は5営業日ぶりに下落した。欧州当局が債務危 機封じ込め措置を強化するとの楽観から、比較的安全とされる英国債 の需要が後退した。

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁はこの日、欧州単一通貨ユ ーロの存続のためにはいかなる措置も辞さないと表明し、国債利回り 上昇を抑えるため行動する意志があることを示唆した。

10年債利回りは前日比3ベーシスポイント(bp、1bp =0.01%)上昇の1.49%。同国債(表面利率4%、2022年3月償還) 価格は0.285下げ122.435となった。

2年債利回りは一時、過去最低となる0.046%まで低下。ドラギ 総裁発言を受けて上昇し、3bp上げ0.092%となった。

イングランド銀行(英中央銀行)は来週、金融政策委員会 (MPC)を開催する。今月行われた会合では量的緩和策である資産 買い取りプログラムの規模を500億ポンド拡大した。

ロイヤル・バンク・オブ・カナダ(RBC)の英国債ストラテジ スト、サム・ヒル氏(ロンドン在勤)は、「量的緩和の観点からする と、英国債に対する強気な見方に変わりはない」と語った。RBCは 11月会合で量的緩和策がさらに500億ポンド拡大されると見込んでい るという。

原題:Pound Rises Most Against Dollar Since 2010 on Draghi Comments(抜粋)

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE