IMF専務理事:米財政の崖は世界経済が抱える第1のリスク

国際通貨基金(IMF)のラガルド 専務理事は世界経済が抱える第1のリスクは、米国のいわゆる財政の崖 であり、ユーロ圏の債務危機がそれに続くとの認識を示した。

ラガルド専務理事は26日、ロンドンでの会議で、「第1のリスクは 明らかに米国の財政の崖だ。米国の財政赤字と債務の対国内総生産 (GDP)比率は実際、ユーロ圏よりも悪い」と指摘。「議会がいかに 対応できるかをめぐっては強い不透明感が生じている」と続けた。

財政の崖を回避できなかった場合、財政赤字が大幅に削減され経済 が減速するとし、「米国だけでなく、世界全体にとって極めて深刻な事 態となる」と述べた。

このほか、欧州債務危機および「ユーロ圏におけるソブリン債と銀 行の健全性との結び付き」に伴うリスクも強調。また原油高によるリス クが再び世界経済の脅威となる可能性もあると指摘した。

原題:Lagarde Says U.S. Fiscal Cliff Is a Concern for Global Economy(抜粋)