欧州株:反発、約1カ月ぶり大幅高-ECB総裁発言が押し上げ

26日の欧州株式相場は反発。ストッ クス欧州600指数は5営業日ぶりに上昇し、ほぼ1カ月ぶり大幅高とな った。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁がこの日、欧州単一通貨ユ ーロの存続のためにはいかなる措置も辞さないと表明した。

銀行株が買われ、スペインのサンタンデール銀行が11%高。イタリ アのウニクレディトは9.2%の値上がり。世界2位の消費財メーカー、 英・オランダ系ユニリーバは4-6月(第2四半期)決算で売上高の伸 びがアナリスト予想を上回り、ロンドン市場で5.4%上昇。少なくと も1988年9月以来の高値となった。市場予想を超える好決算を発表した 携帯電話会社のフランステレコムも値上がりし、6.4%高。

ストックス欧州600指数は前日比2.5%高の256.58で終了。上昇率は 6月29日以来で最高となった。前日までは7%を上回るスペイン国債利 回りの急上昇を受け、4営業日で計4.4%下落していた。

オールド・ミューチュアル・アセット・マネジャーズUK(ロンド ン)のファンドマネジャー、ケビン・リリー氏は「当局者らはユーロ崩 壊を望んでおらず、最終的には通貨同盟を確実に維持するのに必要な決 断を下すだろう」と指摘。「スペイン経済が持続可能になるには、国債 利回りが5%を下回らなくてはならない。これには政策を通じた行動が 伴うはずだ」と付け加えた。

ドラギ総裁はロンドンでの講演で、「ECBはその責務として、ユ ーロの存続のために必要ないかなる措置をも取る用意がある」と表明。 スペインとイタリアの国債は値上がりし、利回りは低下した。

この日の西欧市場では、18カ国中16カ国で主要株価指数が上昇し た。

原題:European Stocks Rally as Draghi Pledges to Preserve the Euro(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE