米耐久財受注:6月は1.6%増、輸送機器除くと1.1%落ち込む

6月の米製造業耐久財受注は前月比 で増加し、伸びは市場予想を上回った。航空機や軍事関連の受注が大幅 に増えた。一方で企業の設備投資は落ち込んだ。

米商務省が発表した6月の製造業耐久財受注額は前月比で1.6%増 加。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は0.3%増だ った。前月も1.6%増。6月の変動の大きい輸送用機器を除く受注 は1.1%減少し、5カ月で最大の落ち込みとなった。

RBCキャピタル・マーケッツの米国担当チーフエコノミスト、ト ム・ポーセリ氏(ニューヨーク在勤)は、企業の設備投資は「力強さの 柱だったが、それが若干弱まっている」と指摘。「世界的に製造業活動 は下向きにシフトしている。現時点で需要が強いモメンタム(勢い)を 得るのは難しい」と続けた。

民間航空機の受注は14.3%増。軍事関連の受注は62%増と、2007 年12月以来で最大の伸びとなった。

設備投資の先行指標となる航空機を除く非国防資本財(コア資本 財)受注は1.4%減少。ブルームバーグがまとめた市場予想の中央値 は0.1%増だった。前月は2.7%増。

6月はコンピューター・通信機器の受注が4.9%減。機械の受注 は1.1%減った。

国内総生産(GDP)の算出に使用されるコア資本財の出荷 は1.2%増。前月は1.1%増だった。

覧ください。

原題:U.S. Durables Orders Rose 1.6% in June on Aircraft Demand (2)(抜粋)

--取材協力:Chris Middleton.