香港株(終了):ハンセン指数が反発-不動産株が買われる

香港株式市場ではハンセン指数が 反発。不動産市場の追加的な抑制措置導入に大和キャピタル・マーケッ ツ香港が否定的な見方を示したことで、不動産株が買われた。

中国の不動産開発会社、中国海外発展(688 HK)は2.9%高。中国 政府系のチャイナ・リソーシズランド(華潤置地、1109 HK)は0.8% 高。世茂房地産(813 HK)は2.5%上昇した。

カジノ運営のサンズ・チャイナ(1928 HK)は4.9%安。第2四半期 の純利益が前年同期比40%減少した。中国の産銅会社、興業銅業(505 HK)は1.2%の下げ。上期利益は「大幅に」減少したもようだとの発表 が嫌気された。

ハンセン指数は前日比15.46ポイント(0.1%)高の18892.79。一 方、ハンセン中国企業株(H株)指数は同0.1%安の9210.92だった。

マニュライフ・アセット・マネジメントのポートフォリオマネジャ ー、マルコ・リ氏は「主な注目先は決算だ。指標に占める比重が重めの 企業が見通しは改善しつつあると発表すれば、相場は一段高に向かうだ ろう」と話した。

原題:Hong Kong Stocks Advance on China Property Controls Speculation(抜粋)