フィリピン中銀:政策金利を過去最低に引き下げ-景気支援で

フィリピン中央銀行は26日、政策金 利を大半の予想に反して引き下げ、過去最低に設定した。インフレ鈍化 で景気刺激策を講じる余地が生じたことから、今年に入ってから3回目 の利下げに踏み切った。

フィリピン中銀の声明によると、政策金利である翌日物預金金利 を3.75%とし、これまでの4%から引き下げた。ブルームバーグがエコ ノミスト16人を対象に実施した調査で、この決定を予測していたのは4 人。11人が据え置き、1人が0.5ポイント利下げを見込んでいた。

原題:Philippines Unexpectedly Cuts Interest Rate to a Record Low (1)(抜粋)

--取材協力:Michael Munoz、Norman P. Aquino、Clarissa Batino.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE