英銀ロイズの1-6月:予想下回る-保険販売めぐる引当金で

住宅金融で英最大手のロイズ・バン キング・グループの1-6月(上期)は純損益が予想外の赤字となっ た。ローン保険の不適切な販売をめぐる引当金を増やしたことが響い た。

26日の同行発表によると、純損益は6億4100万ポンド(約775億 円)の赤字。前年同期は22億8000万ポンドの赤字だった。ブルームバー グ・ニュースがまとめたアナリスト5人の予想中央値は3億1400万ポン ドの黒字だった。

ロイズは1-6月にローン保険をめぐる賠償支払いに備えた引当金 を7億ポンド積み増した。引当金の総額は43億ポンドとなった。大手英 銀はクレジットカードローンや住宅ローンの借り手の病気や失業に備え る支払い保険を不適切な方法で顧客に販売していた。

アントニオ・ホルタオソリオ 最高経営責任者(CEO)は発表文 で、「戦略目標の達成に向けて順調に進んでいる。財務目標に向けて大 きく進展した」と説明した。「保険の不適切な販売の問題は業界の負の 遺産だが迅速に賠償を行うことで顧客に対する責任を果たし続ける」と も言明した。

原題:Lloyds First-Half Net Loss Misses Estimates on PPI Compensation(抜粋)