仏サノフィ:4-6月減益-米国でジェネリックとの競争響く

フランス最大の製薬会社サノフィ の4-6月(第2四半期)決算は前年同期比9.6%減益となった。抗血 小板剤「プラビックス」と降圧剤「アバプロ」が米国でジェネリック (後発医薬品)との競争にさらされた。ただ減益幅はアナリストの予想 より小さかった。

同社が26日発表した第2四半期の一部費用を除く利益は19億4000万 ユーロ(約1840億円)、1株当たり1.48ユーロとなった。前年同期は21 億5000万ユーロ(1株1.64ユーロ)。ブルームバーグがまとめたアナリ スト11人の予想である18億4000万ユーロは上回った。

サノフィによると、米国でプラビックスとアバプロがジェネリック との競争に直面したことが、第2四半期の利益を3億3100万ユーロ押し 下げた。

医薬品提携先の販売を除いた純売上高は6.2%増の88億7000万ユー ロで、市場予想を上回った。

原題:Sanofi Second-Quarter Profit Slips on Copies of Plavix, Avapro(抜粋)