中国の北京汽車:過去最大規模の社債発行-有利な条件を活用

中国で独ダイムラーの「メルセデ ス・ベンツ」ブランド車を製造する北京汽車集団が、同社として過去最 大規模の起債を実施した。世界最大の自動車市場である中国で販売が減 少する中で、銀行は自動車業界への融資に消極的になっている。

北京汽車の発表によると、同社は7年債(発行利回り4.49%)16億 元(約196億円)相当を発行した。昨年は5年債を5.26%の利回りで発 行していた。

6月の中国自動車販売台数は158万台と、3月のピークから14%減 少。国内経済の3年ぶり低成長や自動車登録規制の影響で、ディーラー は過剰在庫を抱えている。

北京汽車の広報担当フー・エンピン氏は25日、起債に関する質問に 対し、借り入れコストが「銀行融資よりも安く、社債を発行する方がコ スト低減につながる」という理由から債券市場を利用したと電子メール で回答した。

国都証券のアナリスト、フェン・リアン氏(北京在勤)は「今は自 動車市場がよくないため、メーカー各社は銀行からの借り入れが一段と 難しくなっている」と話している。

原題:Mercedes Maker Sells Record Bond as Loans Curbed: China Credit(抜粋)

--取材協力:Andrew Monahan.