NY原油時間外:3日ぶり下落-在庫の5週間ぶり増加を嫌気

ニューヨーク原油先物相場は26日の 時間外取引で3日ぶりに下落。先週の原油在庫が増加したことで需要が 低迷しているとの見方が強まった。

原油先物は一時、0.4%下落した。前日の通常取引は0.5%上昇。米 エネルギー省が発表した原油在庫は270万バレル増えた。増加は5週間 ぶり。ブルームバーグの調査だと100万バレルの減少が予想されてい た。米商務省が発表した6月の新築一戸建て住宅販売は2年ぶりの高水 準から予想外に減少した。

CMCマーケッツ(シドニー)の市場担当チーフストラテジスト、 マイケル・マッカーシー氏は「世界の経済成長見通しにもう少し信頼感 が戻ってこないと、80ドル台にとどまるだろう。在庫を考慮すると、今 後数日間は81.50-88.50ドルのレンジの真ん中に向かって下げるだろ う」と述べた。

原油先物9月限は一時、34セント安の1バレル当たり88.63ドルを 付けた。シドニー時間午前10時51分(日本時間同9時51分)現 在、88.73ドルで推移している。前日の通常取引は47セント高の88.97ド ルで引けた。終値としては20日以来の高値。年初来の下落率は10%。

原題:Oil Falls First Day in Three in New York as U.S. Stockpiles Rise(抜粋)

淡路毅 +81-3-3201-2107 tawaji@bloomberg.net

堀江広美 +81-3-3201-8913 hhorie@bloomberg.net;

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE