OPEC理事が来月ウィーンで会合、事務局長候補を選出へ

石油輸出国機構(OPEC)の理事 は、次期事務局長の候補者4人から1人を推薦するため、来月末にウィ ーンで会合することを計画している。事情に詳しい関係者2人が明らか にした。

情報は非公開だとして同関係者が匿名で語ったところによると、12 月のOPEC総会で最終決定が行われる。OPEC最大の産油国サウジ アラビアやイラン、イラク、エクアドルがそれぞれ候補を擁立し、年末 に任期が満了するリビア出身のバドリ事務局長の後任の座を争ってい る。

前回のOPEC総会では、12加盟国が候補者を1人に絞ることがで きずに終わった。バドリ事務局長は6月14日、資質の高い4人の候補者 から1人を選ぶことが困難なため、選出を先送りしたと述べた。

関係者の話や政府の発表などによると、サウジアラビアはマジド・ モネーフ元OPEC理事、イランはノザリ元石油相、イラクはガドバン 元石油相、エクアドルはパストル天然資源相をそれぞれ擁立している。

原題:OPEC Governors Said to Meet Next Month in Vienna to Select Chief(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE