ECBのノワイエ氏:銀行監督一元化は危機対策3本柱の1つ

欧州中央銀行(ECB)の政策委員 会メンバー、フランス銀行(中銀)のノワイエ総裁は、銀行監督制度を 一元化してECBの金融政策の適切な伝達を確保することが危機対策の 3つの柱の1つだと述べた。

ノワイエ総裁は25日のダブリンでの講演で、「一元化された監督制 度が必要だ。それはユーロシステムにある構造と同様のものだと私は受 け止めている」と発言。「われわれはそれをどのように機能させるかを 知ってる」と付け加えた。

同総裁はまた、銀行システムの一段の統合には、ユーロ圏の全銀行 の拠出を財源とする清算基金と預金保険スキームが必要だと指摘。「強 力な政治的意志」によって「速やかに機能させることが可能だ」と述 べ、前回の首脳会議では政治的意志が明確に存在したとみられるため非 常に安心していると語った。

原題:ECB’s Noyer Says Need to Have Unified Banking Supervision (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE