ユーロ圏銀行の与信基準引き締め、4-6月は前期並み-ECB

欧州中央銀行(ECB)は、ユーロ 圏の銀行による4-6月(第2四半期)の与信基準の引き締めが、1- 3月(第1四半期)並みであったことを明らかにした。域内の銀行は7 -9月(第3四半期)の融資需要が減少するとみているという。

ECBは25日公表した四半期リポートで、「7月の銀行融資調査 は、4-6月期にソブリン債危機が再び緊迫化したにもかかわらず、同 四半期の銀行による正味の与信基準引き締めが、企業向けと家計向け融 資の両方において、1-3月期との比較でユーロ圏レベルではおおむね 安定していたことを表している」と説明した。

ECBは、ソブリン債市場の緊張が調達条件に「著しい」影響を与 える中で、4-6月期にリテールおよびホールセール市場での資金調達 アクセスが悪化したペースは2011年末よりも鈍化したと指摘した。

原題:ECB Says Tightening of Credit Standards Stable in Second Quarter(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE