米コーニング:4-6月期は39%減益-LCDの値下がり響く

液晶表示装置(LCD)用ガラス最 大手の米コーニングの4-6月(第2四半期)決算は、LCDの価格下 落が響き39%の減益となった。

25日の発表資料によると、純利益は4億6200万ドル(1株当たり30 セント)と、前年同期の7億5500万ドル(同47セント)を下回った。一 部項目を除いた調整後1株利益は31セントで、ブルームバーグ・ニュー スがまとめたアナリスト18人の予想の平均値と一致した。

ジム・フローズ最高財務責任者(CFO)はこの日のインタビュー で、競争激化に伴う急激な値下がりが約半年間続いたことを受け、同社 は顧客に対し、価格の安定に同意するよう求めたと発言。ほとんどの顧 客が同意したことから、今後の値下がりはこれまでよりも予想しやすく なると説明した。

売上高は4.8%減の19億1000万ドル。アナリスト16人の予想平均 は20億2000万ドルだった。

コーニングの25日の株価終値は前日比7.7%安の11.14ドル。年初来 では14%下げている。

原題:Corning Second-Quarter Profit Slips 39% as LCD Prices Fall (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE