ブラジルのヴァーレ:4-6月は59%減益-鉄鉱石値下がりで

世界最大の鉄鉱石生産会社、ブラジ ルのヴァーレの4-6月(第2四半期)決算は、前年同期比で59%減益 となり、アナリスト予想を下回った。鉄鉱石やニッケル、銅の値下がり が響いた。

純利益は26億6000万ドル(約2080億円、1株当たり52セント)と、 前年同期の64億5000万ドル(1株当たり1.22ドル)から減少した。同社 が25日、当局への届け出で明らかにした。ブルームバーグがまとめたア ナリスト12人の予想平均では、一部項目を除いたベースでの1株利益 が73セントと見込まれていた。

ヴァーレの株価は25日、約2カ月ぶり安値まで下落。世界最大の鉄 鋼生産国である中国の景気減速や欧州債務危機の悪化を受け、鉄鉱石価 格が下げたことがマイナス材料。

純売上高は21%減の119億ドル。同社の鉄鉱石の販売価格が1トン 当たり平均103.29ドルと、昨年の145.30ドルから落ち込んだことが響い た。同社によると、ニッケルの平均販売価格は31%、銅は15%それぞれ 下落した。

原題:Vale Quarterly Profit Slumps 59% as Iron-Ore Prices Fall (1)(抜粋)

--取材協力:Carlos Caminada.