米テスラ4-6月期:赤字拡大-モデルSがフル生産前で

米電気自動車(EV)メーカー、テ スラ・モーターズの4-6月(第2四半期)決算は、調整後の1株損益 の赤字幅が拡大した。スポーツカー「ロードスター」の販売終了やセダ ン型EV「モデルS」がフル生産前であることが響いた。

調整後の1株損益は89セントの赤字と、前年同期の53セントの赤字 から拡大した。ブルームバーグがまとめたアナリスト14人の予想平均 は94セントの赤字だった。売上高は2670万ドル(約21億円)と、前年同 期の5820万ドルから54%減少した。純損益は1億560万ドル(1株当た り1ドル)の赤字と、前年同期の5890万ドル(同60セント)の赤字から 拡大した。

同社はモデルSの生産を6月に開始した後、下期に出荷を加速する 計画。同モデルの投入により、早ければ2013年に初の四半期ベースでの 黒字化を目指す。同社によると、モデルSの予約は約1万2200台と、6 月末の1万1500台から増加している。

決算資料は25日の株式市場の取引終了後に同社のウェブサイトに掲 載された。テスラの株価は3%安の28.95ドルで通常取引を終了。年初 からは1.4%上昇している。

原題:Tesla Quarterly Loss Widens Ahead of Full Model S Output (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE