米新築一戸建て販売:6月は8.4%減、北東部で60%の大幅減少

6月の米新築住宅販売は前月から大 きく減少、住宅回復の厳しさが示された。

米商務省が発表した6月の新築一戸建て住宅販売(季節調整済み、 年率換算)は前月比8.4%減の35万戸。ブルームバーグ・ニュースがま とめたエコノミスト予想中央値は37万2000戸だった。前月は38万2000戸 (速報は36万9000戸)に上方修正された。

新築住宅販売価格の中央値は前年同月から3.2%低下して23万2600 ドルとなった。

地域別では全米4地域のうち2地域で販売が減少。特に北東部で は60%減と、過去最大の落ち込みを記録した。南部では8.6%の減少だ った。中西部と西部では販売が増加した。

新築住宅の販売在庫は6月末時点で14万4000戸と、前月とほぼ変わ らず。販売に対する在庫比率は4.9カ月と、ほぼ7年ぶりの低水準を記 録した前月の4.5カ月からは拡大した。

い。

原題:Sales of New U.S. Homes Unexpectedly Fall From Two-Year High (2)(抜粋)

--取材協力:Chris Middleton.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE