中国人民元、10カ月ぶり安値-中心レート3日連続で元安設定

中国人民元は25日、対ドルで昨年 9月以来の安値を付けた。欧州危機で景気拡大ペースが一段と鈍化する との懸念が広がる中、中国人民銀行(中央銀行)が人民元の中心レート を3日連続で引き下げたことが影響した。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は上海 市場で前日比0.04%安の1ドル=6.3885元で終了。一時は0.17%安 の6.3967元と、昨年9月29日以来の安値を記録した。人民銀はこの日、 中心レートを0.14%元安方向の6.3429元とした。

香港オフショア市場で元は0.05%安の6.3905元。一時は6.3953元 と、昨年12月16日以来の安値となった。ブルームバーグの集計データに よると、元の1年物ノンデリバラブル・フォワード(NDF)は0.08% 安の6.4350元。

原題:Yuan Touches 10-Month Low as PBOC Weakens Fixing on Europe Debt(抜粋)