NY外為:ユーロが反発-ECBノボトニー氏の発言に反応

ニューヨーク外国為替市場では、ユ ーロがドルと円に対して6営業日ぶりに上昇。欧州の政策当局が救済基 金の能力を増強するとの観測から、債務危機の悪化懸念が和らいだ。

ユーロは主要16通貨の過半数に対して値上がり。欧州債市場では、 スペインとイタリアの国債が上昇した。欧州中央銀行(ECB)の政策 委員会メンバー、ノボトニー・オーストリア中銀総裁は、欧州の恒久的 救済基金である欧州安定化メカニズム(ESM)に銀行免許を与えるこ とに賛成の意見があるようだと発言した。ただ、6月の米新築住宅販売 が市場予想に反して減少したことを受けて、ユーロは上げを縮めた。ポ ンドは軟化。英経済が3四半期連続でマイナス成長となったことを嫌気 した。

ウェスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズの市場アナリ スト、ラビ・バラドワジ氏は電話インタビューで、「ここ数日間でユー ロは大幅に下げた。投資家は非常に弱気になっていた」と指摘。「ノボ トニー氏の発言による上向きのサプライズが、大規模なショートスクイ ーズ(売り持ちの踏み上げ)につながった可能性がある」と分析した。

ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロはドルに対し前日比0.8% 高の1ユーロ=1.2158ドル。月初からは4.1%の値下がり。ユーロは対 円でもこの日0.8%上げて1ユーロ=95円03銭。月初からは6%安とな っている。円は対ドルでほぼ変わらずの1ドル=78円16銭。

リスク選好

先進10カ国の通貨で構成されるブルームバーグ相関加重通貨指数に よると、ユーロは過去3カ月で4.8%下落と、10通貨中で最悪のパフォ ーマンスとなっている。一方で円は8.7%高、ドルは4.5%の値上がり。

南アフリカ・ランドは主要通貨全てに対して値上がり。ノボトニー 氏の発言でリスク選好が強まった。対ドルでは5営業日ぶりに上昇 し、1.4%高。オーストラリア・ドルは0.8%高の1.0307米ドル。

メキシコ・ペソは一時1%高の1ドル=13.5790ペソとなった。

英銀スタンダード・チャータードの通貨ストラテジスト、マイク・ モラン氏は電話インタビューで、「ペソの動きは、リスク選好の地合い をそのまま映し出している」と述べた。

ボラティリティは低下

JPモルガン・チェースの指数によると、主要7カ国(G7)通貨 の3カ月物オプションのインプライドボラティリティ(IV、予想変動 率)は4日ぶりに低下し、9.54%を付けた。前日は9.83%と、月初来で 最高となっていた。過去5年間の平均は12.4%。

政策金利は南アフリカが5%、オーストラリアは3.5%。一方で米 国は0-0.25%。

ドルは主要通貨の大半に対して値下がり。27日発表される4-6月 (第2四半期)の国内総生産(GDP)では、伸び鈍化が予想されてい る。

ウェスタン・ユニオンのバラドワジ氏は「近い将来に米金融当局が 追加量的緩和を実施すると確信させるような兆候ばかり見られる」と述 べた。

6月の米新築住宅販売(季節調整済み、年率換算)は35万戸と市場 の予想外に減少し、1月以来の低水準となった。ブルームバーグ・ニュ ースがまとめたエコノミスト予想中央値は37万2000戸だった。これに反 応し、ドルは対ユーロでの下げを縮めた。

米投資顧問会社のBKアセット・マネジメントの為替マネジング・ ディレクター、ボリス・シュロスバーグ氏(ニューヨーク在勤)は25日 付の顧客リポートで、株式相場が上昇しリスク選好が改善すれば、ユー ロが対ドルで1ユーロ=1.22ドルに上昇する可能性があると指摘した。

原題:Euro Ends 5-Day Losing Streak on Rescue-Fund Bets; Pound Falls(抜粋)

--取材協力:David Goodman.