ドイツ格付け見通し変更、スペインなど支援の可能性で-独紙

米格付け会社ムーディーズ・インベ スターズ・サービスがドイツの格付け見通しを「ネガティブ(弱含 み)」に引き下げたのは、スペインとイタリアがユーロ圏からの金融支 援を必要とする可能性があるためだと、独紙ハンデルスブラットがムー ディーズの企業アナリスト、ディートマール・ホルヌング氏の話を引用 して伝えた。

同紙によると、ホルヌング氏はドイツの銀行がスペインとイタリア 両国のソブリン債を保有していることが、ドイツにとって問題だと指摘 した。

原題:Moody’s German Outlook Hurt by Spain, Italy, Handelsblatt Says(抜粋)