独ダイムラー:4~6月は13%減益-ラインアップ拡大費用響く

世界3位の高級車メーカー、ドイ ツのダイムラーの4-6月(第2四半期)決算は、前年同期比13%減益 となった。販売台数は増えたものの、メルセデス・ベンツのコンパクト カーのラインアップ拡大のための支出増が響いた。

同社が25日発表した利払い・税引き前利益(EBIT)は22億4000 万ユーロ(約2110億円)。前年同期は25億8000万ユーロだった。ブルー ムバーグがまとめたアナリスト13人の予想平均の22億ユーロとはほぼ一 致した。売上高は10%増の289億ユーロだった。

メルセデスの販売は1-6月(上期)に6.9%増加し、過去最高 の65万2924台となった。しかしこの間、競争相手の独BMWの販売 は8.3%増の74万7064台、アウディは12%増の73万3250台だった。

原題:Daimler Second-Quarter Profit Falls on Costs to Add Compacts (1)(抜粋)

--取材協力:Chris Reiter.