アジアや中南米の観光客が米輸出を押し上げ-成長の柱の1つに

ニューヨークのタイムズスクエアに あるホテル「マリオット・マーキス」の遺失物取扱所に積み上げられた 着古した衣料品は、レオン・ゴールドバーグ氏にとって、観光客が金を 使っているという最新の証しだ。

同ホテルで営業・マーケティング担当ディレクターを務めるゴール ドバーグ氏は、観光客は「空のスーツケースを持ってくるが、帰りはス ーツケースがいっぱいになる」ため、古い洋服を捨てて帰るのだと説明 した。

米商務省によると、5月の海外からの観光客の航空運賃やホテル代 などの支出は、前年同月比8.1%増の139億ドル(約1兆860億円)。輸 出の4.2%増の倍近い伸びとなった。外国人観光客の支出は輸出の一部 と数えられ、ここ3年の米経済の成長を支える大黒柱の一つとなってい る。

ユーロ安を受け、欧州から米国への旅行は割高になっており、中南 米とアジアの観光客の増加が欧州からの観光客の減少を相殺している。 米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長が「明るい材料」と 呼ぶ観光の回復は、マリオット・インターナショナル、シティ・パス、 サンフランシスコ・シャトルツアーズなどの企業に恩恵を与えているだ けではなく、労働市場も下支えしている。

ムーディーズ・アナリティクスのシニアエコノミスト、クリス・ラ ファキス氏は、観光業は「リセッション(景気後退)から完全に回復し ている」との見方を示した。

原題:Tourists From Beijing to Buenos Aires Buoy U.S. Exports: Economy(抜粋)

--取材協力:Caroline Fairchild、Ainhoa Goyeneche、Aki Ito、Christopher Palmeri、Caroline Salas Gage.