中国の鉄鋼輸出急増で供給過剰悪化-欧米大手メーカーに打撃

世界最大の鉄鋼生産国、中国の輸出 が2年ぶりの高水準に達し、世界の供給過剰が悪化している。これによ りアルセロール・ミタルやUSスチールなどの鉄鋼メーカーが打撃を受 ける可能性がある。

中国では輸出が国内生産に占める割合が6月に8.7%と、2010年7 月以来の高水準となった。中国の鉄鋼生産は今年、過去最高水準に増加 すると予想されており、同国の鉄鋼メーカーは国内市況の軟化を回避す るため輸出を増やしている。中国国内の鉄鋼価格は2年ぶりの安値に下 落している。

アルセロール・ミタルなど先進国の鉄鋼メーカーは、景気が鈍化し 価格が下落する中、相次いでプラントを閉鎖している。アルセロール・ ミタルは25日に決算を発表する予定。

一方、中国の温家宝首相は景気てこ入れのため自動車や住宅建設業 界の刺激に向け製鉄所の新設に230億ドル(約1兆8000億円)を投じる 計画を進めている。中国の4-6月(第2四半期)の経済成長率は3年 ぶりの低い伸びとなった。中国のこの戦略については、既に欧米諸国が 貿易不均衡につながるとして反発を強めている。

原題:China to Flood Steel Market Hurting ArcelorMittal: Commodities(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE