インド株:センセックス、1カ月ぶり安値-欧州危機と業績懸念

25日のインド株式相場は下落。指標 のセンセックス30種指数は1カ月ぶり安値を付けた。欧州債務危機と世 界的な景気減速で企業収益が打撃を受けるとの懸念が高まった。

インドの鉄鋼会社、ジンダル・スチール・アンド・パワーは減益が 嫌気され、3年ぶり安値まで売り込まれた。国内最大のエンジニアリン グ会社、ラーセン・アンド・トゥブロは4営業日続落した。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種は前日比72.03ポイント (0.4%)安の16846.05で引けた。終値としては先月18日以来の安値と なる。

ブルームバーグがまとめたデータによれば、指数を構成する銘柄の うち12社が4-6月決算を発表。50%に相当する6社の利益は予想に届 かなかった。この割合は1-3月では30%、昨年10-12月は47%だっ た。

原題:Indian Stocks Drop to 1-Month Low as Europe Fuels Profit Concern(抜粋)