商品ファンドのデュエット、運用者ホール氏辞任へ-成績低迷

デュエット・コモディティーズ・フ ァンドのトニー・ホール最高投資責任者(CIO)とポートフォリオマ ネジャーのアーノ・ピルツ氏が辞任する見通しだ。同ファンドの運用成 績は過去10カ月間のうち9カ月間マイナスとなっていた。

デュエット・アセット・マネジメントの共同会長で共同創業者のヘ ンリー・ギャベイ氏は24日、ロンドンからの電話インタビューで、同フ ァンドは引き続き運用されており、両ポートフォリオマネジャーについ ては交代の手続きが進められていることを明らかにした。デュエットが 後任を探す間、両氏はファンドの運用を継続するという。ホール氏に24 日に電話をかけたが、同氏はコメントを控えた。

ブルームバーグが集計したデータによると、デュエット・コモディ ティーズ・ファンドの2011年8月以降の運用成績はマイナス11%で、今 年1-6月はマイナス6.4%。商品ヘッジファンドで構成するニューエ ッジ商品取引指数の年初来の運用成績はマイナス1.8%、6月は月間ベ ースでプラス1.1%となっている。

運用資産5億5000万ドルのユーロパネル・リサーチ・アンド・オル タナティブ・アセット・マネジメントのポートフォリオマネジャー、ゲ ーブリエル・ガーシン氏は「このタイプのファンドにとって市場の状況 は特に厳しくなっている」と指摘。「特にエネルギー市場では政治的リ スクのために非常に強い買いシグナルがある一方、世界経済の成長鈍化 が相場を押し下げている」との見方を示す。

ピエール・アンデュランド氏が共同創業した運用資産10億ドルのエ ネルギーヘッジファンド運営会社ブルーゴールド・キャピタル・マネジ メントは、昨年の運用成績がマイナス34%となったことを受け、今年4 月に清算した。フォートレス・インベストメント・グループは5月に、 運用資産5億ドルの商品ファンドの過去4カ月間の運用成績がマイナス 約13%となったことから同ファンドを閉鎖する方針を示した。資産家の トレーダー、ジョン・アーノルド氏は5月2日、投資家に対し自身が運 用するケンタウルス・エネルギーファンドを閉鎖する方針を示してい る。

原題:Hall Resigns as Duet Commodities Fund Manager After Losses (2)(抜粋)

--取材協力:Chanyaporn Chanjaroen.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE