ユーロ:下落加速の可能性、欧州債務危機の深刻化で-シティ

欧州ソブリン債危機が深刻化する中 で、ユーロ相場の下げが加速する可能性があるとの見方をシティグルー プが示している。

同行でG10(主要10カ国)通貨戦略責任者を務めるスティーブン・ イングランダー氏(ニューヨーク在勤)はブルームバーグテレビジョン とのインタビューで、市場はまだユーロの「究極のリスク」を織り込ん でいないと指摘。「全てが悪いニュースであることを考えると、もっと 速いペースで下落していないことに驚いている」と述べた。

ユーロは対ドルで年初から6.6%下落。ブルームバーグ相関加重指 数によると、ユーロは今年5.6%下げており、先進9カ国の通貨と比べ て最も悪い動きとなっている。

イングランダー氏は、欧州中央銀行(ECB)が域内経済のてこ入 れに劇的な行動を取ればユーロは上昇する可能性があるとの見方を示 し、「まず初めに恐らく1、2%上昇するだろう」と予想。ただ、「そ の後は市場で相場上昇の持続性をめぐり疑念が生じるだろう」と語っ た。

原題:Euro Losses May Accelerate as Debt Crisis Widens, Citigroup Says(抜粋)