7月24日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ユーロがドルと円に対し5営業日続落-欧州危機を警戒

ニューヨーク外国為替市場では、ユーロがドルと円に対し5営業日 連続安となった。欧州ソブリン債危機深刻化への懸念から安全とされる ドルと円への逃避需要が膨らんだ。

ユーロは対ドルでは2010年6月以来の安値に下落。ギリシャの債務 削減目標が未達となる可能性があるとの一部報道もユーロ下落の手掛か りとされた。米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは 前日、ドイツとオランダ、ルクセンブルクの格付け見通しを引き下げ た。円は主要16通貨全てに対して値上がり。日本政府は行き過ぎた円高 には介入も辞さない姿勢を示しているものの、逃避需要の高まりから円 は買い進まれた。

ウエストパック銀行のシニア為替ストラテジスト、リチャード・フ ラヌロビッチ氏(ニューヨーク在勤)は電話インタビューで、「全般的 にリスク回避の動きが見られる」とし、「ギリシャの再建では、債務の 削減方法をめぐり欧州中央銀行(ECB)と欧州連合(EU)の当局者 の間で醜い内輪もめが起きる可能性がある」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対円で前日比0.7%安の 1ユーロ=94円31銭。一時94円12銭と、2000年11月以来のユーロ安・円 高水準となった。5日続落は、5月31日までの連続安以来で最長。ユー ロは対ドルでは0.5%下げて1ユーロ=1.2061ドル。一時1.2043ドル と、2010年6月以来の安値を付けた。円は対ドルで0.3%値上がりし、 1ドル=78円18銭。

先進10カ国の通貨で構成されるブルームバーグ相関加重通貨指数に よると、ユーロは今年に入り5.6%下落。下落率は10通貨中で最悪とな っている。一方で円は0.4%高、ドルは2.3%の値上がり。

スイス・フラン

スイス・フランは軟化。2010年12月以降では初めてとなるドルとの パリティー(等価)に近づいた。フランは0.5%安の1ドル=0.9958フ ラン。対ユーロではほぼ変わらずの1ユーロ=1.2010フラン。

欧州債市場では、スペイン債が下落。同10年債利回りは7.636%と ユーロ導入後の最高に達した。7%の利回りは、ギリシャやアイルラン ド、ポルトガルが国際的な金融支援を要請した水準。またイタリア10年 債は6.598%に上昇し、1月17日以来の高水準。

クレディ・アグリコルのシニア為替ストラテジスト、アダム・マイ ヤーズ氏(ロンドン在勤)は、ブルームバーグラジオのインタビュー で、「スペインも救済されることになるだろう」と指摘。「現在の水準 では利払いは持続不可能だ」と続けた。

ムーディーズは前日、スペインやイタリアなど欧州諸国への共同支 援の公算が大きくなっており、それがドイツやオランダの「Aaa」格 付けに「マイナス」の影響をもたらしつつあると説明した。ムーディー ズはドイツ、オランダ、ルクセンブルクの格付け見通しを「ステーブル (安定的)」から「ネガティブ(弱含み)」に変更した。

「不透明感の高まり」

バンク・オブ・モントリオールのグローバル通貨ストラテジスト、 アンドルー・ブッシュ氏(シカゴ在勤)は「欧州の中でも財政が最も健 全な国の格付け見通しがネガティブとなったことは厄介な事態だ」と し、「格付け会社は単に債務コストをめぐる不透明感の高まりを考慮し たのだろう」と続けた。

ユーロ圏のサービス業と製造業を合わせた7月の経済活動は6カ月 連続で縮小し、これもユーロには弱材料となった。マークイット・エコ ノミクスが24日発表した7月のユーロ圏総合景気指数(速報値)は46.4 と、前月から変わらずとなった。同指数は50が活動拡大・縮小の分かれ 目とされる。

原題:Euro Weakens to Lowest Since 2000 Against Yen on Europe Concern(抜粋)

◎米国株:S&P500種続落、欧州債務危機やUPS決算が売り材料

24日の米国株式市場では、S&P500種株価指数が3日続落した。 欧州債務危機の深刻化と小荷物輸送最大手、米ユナイテッド・パーセ ル・サービス(UPS)の利益予想下方修正が売り材料となった。

米金融当局が景気押し上げのために行動に出るとの観測から株価は 下げ幅を縮小した。UPSは4.6%安、電話大手AT&Tは2.1%安。携 帯電話サービスの新規加入者が伸び悩み、売上高に影響した。家電メー カーのワールプールは7.5%下落。四半期利益がアナリスト予想を下回 った。

米証券取引所全体の騰落比率は約1対3。S&P500種株価指数 は0.9%下げて1338.31。ダウ工業株30種平均は104.14ドル(0.8%)下 げて12617.32ドルだった。

INGインベストメント・マネジメントで分散投資責任者を務める ポール・ゼムスキー氏は、「ユーロ危機をめぐる懸念が再燃している。 企業業績に関して言えば、実績はあまり問題ではない。この先どうなる か、その見通しに不安を抱いている」と述べた。

格付け見通し

米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスが前日、ド イツとオランダ、ルクセンブルクの格付け見通しを引き下げたことに反 応して、この日の株価は下げた。ムーディーズは欧州債務危機に関する 「不確実性の高まり」を理由に挙げた。ロイター通信は欧州連合 (EU)関係者を引用し、ギリシャの債務削減目標は未達と見なされて いると伝えた。ドイツのレスラー副首相兼経済技術相は欧州の指導者ら がギリシャを救済できる可能性について自身は「極めて懐疑的」だと述 べていた。

米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が米金融当局者は 新たな景気刺激策により近づきつつあると報じると、米国株は下げ幅を 縮小した。

パリセード・キャピタル・マネジメントの最高投資責任者 (CIO)、ダン・ベルー氏は「量的緩和第3弾を現実的なものとして 認識できるほど、景気が弱まっている」と述べた。

ブルームバーグがまとめたデータによると、これまでに第2四半期 決算を発表したS&P500種企業147社のうち売上高がアナリスト予想を 上回ったのは39%、利益が予想を上回ったのは73%だった。

S&P500種業種別10指数はいずれも下げた。景気敏感株で構成さ れるモルガン・スタンレー・シクリカル指数は1.7%低下。ダウ輸送株 平均は1.2%下落した。

UPSが下落

UPSは4.6%安。同社は年内の米経済成長率を1%と予想。ブル ームバーグがまとめたエコノミスト予想では2.2%となっている。

S&P500種電話株は1.8%安。AT&Tは2.1%下げた。同社は第 2四半期に月間契約者を新規に32万人増やしたが、増加幅は前年同期に は届かなかった。新規契約者の減少は売上高の伸びにはマイナスな一 方、販売補助金の負担減少も意味する。

米2位の化学メーカー、デュポンは2%安。同社は12年通期利益が 先に示した予想レンジの下限付近になるとの見通しを示した。経済と為 替をめぐる「不透明感」を理由に挙げた。

ブルームバーグ米航空指数は3.1%安。ユナイテッド・コンチネン タル・ホールディングスは5.4%安。JPモルガン・チェースのアナリ ストが会計処理に伴う調整後に第2四半期の利益予想を引き下げたこと が嫌気された。

原題:U.S. Stocks Fall Third Day Amid Europe Concern as UPS Tumbles(抜粋)

◎米国債:利回りが連日過去最低を更新、欧州危機で不安増幅

米国債相場は3営業日続伸。利回りは2日連続で過去最低を更新し た。欧州では財政が比較的しっかりしている国々へ債務危機が波及して いるとの懸念が強まった。

米5、10、30年債利回りは過去最低を塗り替えた。ロイター通信が 欧州連合(EU)関係者を引用し、ギリシャの債務削減目標は未達と見 なされていると伝えたことが手掛かり。スペインとイタリアの国債利回 りは一段と上昇した。米財務省は24日、350億ドルの2年債入札を実 施。最高落札利回りは過去最低となったほか、応札倍率もこれまでの最 高に近づいた。同省は25日に5年債入札(発行額350億ドル)を実施す る。

ウンダーリッヒ・セキュリティーズのマネジングディレクター兼米 国債トレーディング責任者、マイケル・フランゼーズ氏(ニューヨーク 在勤)は、「人々は大挙して米国債市場に戻っている」と述べた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによると、ニューヨーク時間 午後5時現在、10年債利回りは前日比4ベーシスポイント(bp、1b p=0.01%)低下の1.3875%。前日付けたこれまでの過去最低であ る1.396%を下回った。同年債(表面利率1.75%、2022年5月償還)価 格は11/32上昇して103 10/32だった。

5年債利回りは0.5394%、30年債利回りは2.4530%と、それぞれ過 去最低を付けた。前日の利回りは5年債が0.5411%、30年債は2.4752% まで下げていた。

欧州債も記録更新

バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチのデータによる と、今月に入り前日までの米国債リターンは複利ベースで1.3%。ドイ ツ国債は2.5%となっている。一方、株式のMSCIオールカントリー 世界指数の複利リターンは同期間に2%低下した。

この日の欧州市場でスペイン債は下落し、5年債と10年債の利回り はともにユーロ導入以来の高水準に上昇した。国内の銀行と地方政府の 債務問題が深刻化する中、スペインは救済要請を余儀なくされるとの観 測を背景に入札では借り入れコストが上昇した。

イタリア10年債は3営業日続落。この日発表された経済統計で、ユ ーロ圏のサービス業と製造業の経済活動の縮小が示された。

ギリシャが救済時の公約を順守するか疑念が広がる中、欧州連合 (EU)の行政執行機関である欧州委員会と欧州中央銀行(ECB)、 国際通貨基金(IMF)のいわゆるトロイカの調査団がこの日アテネ入 りした。

入札は当面堅調

ドイツ国債も軟調で、過去最低付近にあった利回りは上昇した。米 格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスはドイツの格付け 「Aaa」の見通しを下方修正。ユーロ圏の脆弱(ぜいじゃく)な諸国 への支援を余儀なくされる可能性を理由に挙げた。

ブローカーディーラーBTIGの主任グローバルストラテジスト、 ダン・グリーンハウス氏(ニューヨーク在勤)は「欧州をめぐる懸念が 続き、米経済統計も下降が続く間は、米国債の入札は堅調となるだろ う」と述べた。

米財務省が24日実施した2年債入札の結果によると、最高落札利回 りは0.220%と、過去最低を記録。入札直前の市場予想と一致した。前 回過去最低を更新したのは2011年8月で、最高落札利回りは0.222%だ った。

この日の入札で投資家の需要を測る指標の応札倍率は4.00倍と、過 去10回の入札の平均である3.72倍を上回った。応札倍率の過去最高 は2011年11月に付けた4.07倍。

外国の中央銀行を含む間接入札の落札全体に占める比率は30.9%だ った。過去10回の平均は34%。プライマリーディーラー(政府証券公認 ディーラー)以外の直接入札の落札比率は9.9%だった。過去10回の平 均は11%となっている。

原題:Treasury Yields Fall to Lows on Europe Crisis, 2-Year Note Sale(抜粋)

◎NY金:小幅続落、欧州債務危機でドル先高感-代替需要が減退

ニューヨーク金先物相場は小幅続落。欧州の債務危機を背景にドル の先高感が強まったことから、代替投資先としての金の需要が減退し た。

ユーロはドルに対して2日連続で1.21ドルを割り込んだ。米格付け 会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは前日、ドイツとオラン ダ、ルクセンブルクの格付け見通しを引き下げた。商品24銘柄で構成す るS&PのGSCIスポット指数は3日続落となった。今年第2四半期 (4-6月)にドルは主要通貨のバスケットに対して3.3%上昇、一方 で金は4%下落した。

TDセキュリティーズのマネジングディレクター、ティム・ガーデ ィナー氏は24日のリポートで、「金は再び売られている。ムーディーズ が欧州各国の格付け見通しを変更して以降、ユーロは1.21ドルを挟んだ 値動きとなっている」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物8 月限は前日比0.1%安の1オンス=1576.20ドルで終了。今月に入ってか らは1.7%値下がりしている。

原題:Gold Declines for Second Day as European Crisis Bolsters Dollar(抜粋)

◎NY原油:3日ぶり上昇、中東情勢不安や中国指標で

ニューヨーク原油先物相場は3営業日ぶりに上昇。シリア情勢を めぐり中東での緊張が高まったことや、中国製造業の減産ペースが緩 やかなものにとどまったことから、買いが膨らんだ。

イスラエルは、シリアの化学兵器庫を他の諸国が攻撃すれば、イ スラエルも地域戦争に巻き込まれることになると警告した。7月の中 国製造業購買担当者指数(PMI)速報値は2月以来の高い水準を示 した。原油は前日、欧州債務懸念を背景に4%下落していた。

アイアイトレーダー・ドット・コムの創業者で市場担当チーフス トラテジストのリチャード・イルチスジン氏(シカゴ在勤)は、「欧 州情勢よりも地政学的リスクの方が相場に影響している。こうした動 きは最終的に原油価格上昇につながるだろう」と指摘。「中国の製造 業のニュースも原油を押し上げている。前日はやや売られ過ぎだった」 と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物9月限は前日 比36セント(0.41%)高の1バレル=88.50ドルで終了。年初から は10%値下がりしている。

原題:Oil Rises First Time in Three Days on Middle East, China Data(抜粋)

◎欧州株:3日続落、ムーディーズのドイツ格付け見通し引き下げで

24日の欧州株式相場は3営業日続落。米ムーディーズ・インベ スターズ・サービスが前日遅くにドイツとオランダ、ルクセンブルク の最上級格付けの見通しを「ネガティブ(弱含み)」に変更したこと が響いた。この日発表の米リッチモンド連銀の製造業景況指数の大幅 低下も手掛かり。

アイルランドの製薬会社エランが11%の大幅安。アルツハイマー 治療薬の治験結果が患者の症状改善を示さなかったことが売り材料。 オランダの電話会社KPNは7.3%の値下がり。四半期純利益が市場 予想を下回ったほか、同社は配当見通しを61%引き下げた。一方で、 増収増益となったスイスの時計メーカー、スウォッチ・グループは

2.3%上昇。上場ヘッジファンド運用会社として世界最大手の英マ ン・グループはコスト削減を2倍に強化すると発表し、4.1%上げた。

ストックス欧州600指数は前日比0.5%安の250.57で終了。 前日は2.5%下げていた。ギリシャのデフォルト(債務不履行)懸念 のほか、スペインでバレンシア州に続き複数の地方政府が中央政府に 救済を求めるとの見方が強まったためだ。

アッティカ・ウェルス・マネジメントのマネジングディレクター、 セオドア・クリンタス氏は電話インタビューで、「スペインに関して は静かな日になりそうだったので相場は前日の急落から持ち直すと期 待するところだったが、ムーディーズのニュースに加え、総合景気指 数も嫌気して下げてしまっている」と述べた。

マークイット・エコノミクスがこの日発表した7月のユーロ圏総 合景気指数(速報値)は46.4と、前月から変わらず。同指数は50 が活動拡大・縮小の分かれ目とされ、域内のサービ業と製造業を合わ せた経済活動は6カ月連続で縮小したことになる。リッチモンド連銀 が同日発表した管轄地域の今月の製造業景況指数はマイナス17と、 2009年以来の低水準。ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査 中央値ではマイナス1が見込まれていた。

この日の西欧市場では、18カ国中15カ国で主要株価指数が下落 した。

原題:European Stocks Slide as Moody’s Lowers Its Outlook for Germany(抜粋)

◎欧州債:スペイン債下落、救済懸念-格付け見通しで独債軟調

24日の欧州債市場でスペイン国債が下落。5年債と10年債の 利回りはユーロ導入後の最高に達した。同国の銀行と地方の債務問 題で国家救済を余儀なくされるとの懸念が高まる中、国債入札で借 り入れコストが上昇したことが手掛かり。

イタリア10年債は3営業日続落。この日発表された経済統計 で、ユーロ圏のサービス業と製造業の経済活動の縮小が示された。 ドイツ国債も軟調で、過去最低付近にあった利回りは上昇した。米 格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスはドイツの格 付け「Aaa」の見通しを下方修正した。ユーロ圏の脆弱(ぜいじ ゃく)な諸国への支援を余儀なくされる可能性を理由に挙げた。ル クセンブルクと共に格付け見通しが引き下げられたオランダの国債 も下げた。

スミス・アンド・ウィリアムソン・インベストメント・マネジ メントの債券担当ディレクター、ロビン・マーシャル氏(ロンドン 在勤)はブルームバーグテレビジョンとのインタビューでスペイン について、「絶望的な状況だ」とし、「市場は徐々にスペインを閉 め出しつつあり、そのうち国際的な救済プログラムが必要となるの は間違いない」と語った。

ロンドン時間午後5時25分現在、スペイン10年債利回りは前 日比12ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の

7.62%。一時は7.636%と、1996年11月以来の高水準を付けた。 同国債(表面利率5.85%、2022年1月償還)価格はこの日、

0.75下げ88.265。前日は利回りが23bp上昇した。5年債利回 りはこの日、18bp上げ7.592%に達する場面もあった。

スペインは30億5000万ユーロ相当の証券を発行した。84日 物証券の落札利回りは2.434%と、前回入札が行われた6月26日 の2.362%を上回った。

ドイツ10年債利回りは前日比6bp上昇の1.24%。前日に は1.127%まで低下し、1日に付けた過去最低に並んだ。オランダ 10年債利回りは11bp上昇し1.74%。

マークイット・エコノミクスが24日発表した7月のユーロ圏 総合景気指数(速報値)は46.4と、前月から変わらずとなった。 同指数は50が活動拡大・縮小の分かれ目とされる。

原題:Spain Bonds Drop on Bailout Concern as Italian Securities Slide(抜粋)

◎英国債:対ドイツ債スプレッドが縮小、格付け見通し変更で

24日の英国債相場は、ドイツ国債を上回るパフォーマンスだ った。米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスはド イツとオランダ、ルクセンブルクの格付け「Aaa」の見通しを 「ネガティブ(弱含み)」に変更した。ユーロ圏の脆弱(ぜいじゃ く)な諸国への支援を余儀なくされる可能性を理由に挙げた。

ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査によれば、25日発 表される英国内総生産(GDP)統計は、4-6月(第2四半期) もリセッション(景気後退)が続いたことを示すと見込まれている。

ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS) のシニア為替ストラテジストのポール・ロブソン氏(ロンドン在勤) は、「安全を求めて欧州から資金を逃避させる動きが活発だ」と語 った。

英10年債のドイツ10年債に対する利回り上乗せ幅(スプレッ ド)は前日比7ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)縮小し 23bp。終値としては3日以来の最小となった。

英10年債利回りは1.47%で、前日からほぼ変わらず。23日 には1.407%まで下げ、過去最低を記録した。同国債(表面利率 4%、2022年3月償還)価格は122.635となった。

ブルームバーグと欧州証券アナリスト協会連合会(EFFAS) がまとめた指数によると、英国債の年初来リターンはプラス4.1%。 これに対し、ドイツ国債は4.5%となっている。

原題:Pound Approaches Strongest Since 2008 Versus Euro on Safety Bid(抜粋)

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE