クレディ・スイス:関与示唆する証拠はない-LIBOR問題

スイス2位の銀行、クレディ・スイ ス・グループは24日、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)操作問題 の調査に関連し「実質的な関与」があったことを示唆するような証拠は ないとあらためて表明した。

チューリヒに本店を置く同行は4-6月(第2四半期)リポート で、当局の問い合わせに対応し問題を検証しており、調査には完全に協 力していると説明した。

クレディ・スイスによれば、同行は米国でのさまざまな民事訴訟で 取り上げられている。

原題:Credit Suisse Doesn’t See ‘Material Exposure’ in Libor Probes(抜粋)