スペイン入札:目標達成、落札利回りは上昇-国家救済を懸念

スペイン政府は24日に入札を実施 し、3カ月物と6カ月物の証券、計30億5000万ユーロ(約2880億円)相 当を発行した。目標上限の30億ユーロを超えたものの、国家救済が必要 になるとの懸念を背景に落札利回りは前回の入札時に比べ高くなった。

3カ月物の平均落札利回りは2.43%と、前回入札時(6月26日) の2.36%を上回った。6カ月物は3.69%(6月は3.24%)。落札利回り は8年ぶり高水準だった昨年11月22日のそれぞれ5.11%と5.23%以来で 最高となった。

既発10年債利回りはこの日、ユーロ導入後の最高を付けた。発足7 カ月のラホイ政権は銀行救済のための1000億ユーロ規模の支援を欧州か ら取り付けたものの、さらに国家救済が必要になるとの市場の懸念を払 拭(ふっしょく)できずにいる。

入札で応札倍率は3カ月物が2.94倍(6月は2.6倍)、6カ月物 が3.02倍(同2.82倍)と、いずれも前回を上回った。

原題:Spain Beats Target at Bill Sale as Borrowing Costs Rise (1)(抜粋)