ユンケル議長:独など3カ国は健全なファンダメンタルズ備える

ユーロ圏財務相会合(ユーログルー プ)のユンケル議長(ルクセンブルク首相兼国庫相)は24日、米ムーデ ィーズ・インベスターズ・サービスが格付け見通しを引き下げたドイツ とオランダ、ルクセンブルクについて、3カ国ともに「健全なファンダ メンタルズ(経済の基礎的諸条件)」を備えているとの認識を示した。

同議長は電子メールで声明を発表し、「健全なファンダメンタルズ に支えられた域内諸国の非常に力強い格付けを確認したムーディーズの 決定に留意している。そうした中で、ユーロ圏全体の安定性を確実にす るわれわれの強い決意をあらためて表明する」とコメントした。

ムーディーズはドイツとオランダ、ルクセンブルクに最上級格付け を付与している。

原題:Juncker Cites Sound Fundamentals After Moody’s Rating Decision(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE