アジア株:下げ幅縮小-日銀総裁らの円相場に関する発言で

24日のアジア株式相場は下げ幅を縮 小。日本銀行の白川方明総裁と安住淳財務相による円相場に関する発言 を受けて日本株が上昇し、全体をけん引した。アジア株は、米格付け会 社ムーディーズ・インベスターズ・サービスがドイツの格付け見通しを 引き下げたことを受けて下げていた。

売り上げの34%を欧州に依存する任天堂は軟調。4-6月期の連結 純損益が1000億円前後の赤字になったもようだと報じられたシャープ は、1975年以来の安値を付けた。オーストラリアのサーフウエアメーカ ー、ビラボン・インターナショナルは21%高。米投資会社TPGキャピ タルから新たな買収案を受け取った。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後1時44分現在、前日 比0.1%安の114.17。過去2営業日では計2.8%下げていた。

原題:Asian Stocks Snap Two-Day Loss as Shirakawa Buoys Japan Shares(抜粋)