ラスキンFRB理事:来週のFOMCで追加債券購入を議論

米連邦準備制度理事会(FRB)の ラスキン理事は23日、来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)で経済 成長を刺激するために、大規模な債券購入を新たに開始すべきかどうか 協議されるだろうと語った。

ラスキン理事は、コロラド州ボルダーでの講演後に聴衆の質問に答 え、新たな米国債購入プログラムは「今度のFOMCで議論される見通 しだ」と発言。物価安定と最大雇用の確保という「2つの責務との関連 で議論されるだろう」と述べた。

経済指標が米経済の成長失速を示す中、FOMCは7月31日と8月 1日の両日に開かれる。バーナンキFRB議長は先週の議会証言で、米 雇用拡大ペースを上げるための選択肢としてFRBには、バランスシー ト拡大や準備預金金利引き下げ、政策金利見通しの伝達方法の変更など があると述べていた。

原題:Raskin Says Fed to Debate Starting Additional Bond Purchases (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE