ロシア大統領:外貨準備のユーロ比率、引き下げ考えていない

ロシアのプーチン大統領は23日、同 国の外貨準備に占めるユーロの割合を現在の約40%から引き下げない考 えを示した。イタリアのモンティ首相との会談後に明らかにした。

プーチン大統領は黒海に面する保養地ソチで記者団に対し、「何も 変えるつもりはない。欧州経済の基本的な能力を信じている」と述べ た。

ロシアの外貨準備高は5053億ドル(約39兆6000億円)で世界4位の 規模。同国は金の購入を拡大し、カナダ・ドルとオーストラリア・ドル を加えることで多様化を図っている。

ロシア中央銀行によれば、1月1日時点での外貨準備に占めるユー ロの割合は42.1%と、1年前の43.1%から低下していた。

原題:Putin Sees No Reason to Cut Euro’s Share in Russian Reserves (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE