中国海洋石油、約1兆1800億円でカナダの同業ネクセンを買収

中国最大の海洋石油・ガス探査会社 である中国海洋石油(CNOOC)は、カナダのエネルギー会社ネクセ ンを現金151億ドル(約1兆1800億円)で買収することで合意した。中 国企業による海外での買収案件としては過去最高額。

23日の香港証券取引所への届け出によると、CNOOCはネクセン の普通株1株につき27.50ドルを支払う。これはネクセンの20日終値 を61%上回る水準。ネクセンの取締役会は株主に対し、買収受け入れを 推奨した。

カナディアン・インペリアル・バンク・オブ・コマース (CIBC)のアナリスト、アンドルー・ポッター氏は投資家向けリポ ートで、「CNOOCはネクセンの買い手として最もふさわしい企業の 1つだ」と指摘。その上で、「問題は当局がそれを認めるかどうかだ」 と付け加えた。

ネクセンの石油・ガス資産には北海やメキシコ湾、ナイジェリアの 生産プラットフォームのほか、アルバータ州ロングレークのオイルサン ドが含まれ、同州では既にCNOOCと合弁で原油を生産している。そ うした資産の第2四半期の産油量は合計で日量20万7000バレルで、 CNOOCの産油量は買収で約20%増加することになる。ネクセンの現 在の生産の約28%がカナダで行われている。

ポッター氏は「ネクセンの国際的展開での多様性を考慮すれば、規 制当局が今回の買収に反対するのは難しいと考える」との見方を示し た。

23日のトロント市場で、ネクセンの株価終値は前週末比52%高 の26.35カナダ・ドル。CNOOCの米国預託証券(ADR)はニュー ヨーク市場で、同4.3%安の193.96ドルで引けた。

中国企業では同国最大の製油会社、中国石油化工(Sinope c)も23日、加タリスマン・エナジーの英国部門の49%を15億ドルで取 得することで合意した。

CNOOCは昨年、ネクセンの提携先であるカナダのオイルサンド 開発会社OPTIカナダを買収。2005年には米ユノカルに対し190億ド ルで買収を試みたが、米国の政治的な反対が強く断念していた。

発表資料によると、CNOOCはネクセンの優先株買い取りを申し 出る予定で、その場合ネクセンの債務は43億ドルで変わらないという。 手元資金と外部調達資金を買収に充てる。合意では、特定の状況下で買 収が取りやめとなった場合の違約金4億2500万ドルが定められている。

--取材協力:Katia Dmitrieva、Rebecca Penty、Bradley Olson、Edward Klump.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE