米議員、NY連銀に追加情報提出を要請-LIBOR問題

米下院金融委員会小委員会のラン ディ・ノーガバウアー委員長(共和、テキサス)は、ロンドン銀行間取 引金利(LIBOR)の算出にかかわった銀行とのやり取りについて、 ニューヨーク連銀から追加情報を収集することを目指している。

ノーガバウアー議員は23日付書簡で、ニューヨーク連銀職員と LIBORを報告する16行の従業員との間で2007年8月から今年7月ま でに交わされたやりとり全ての記録を求めた。

同議員はニューヨーク連銀のダドリー総裁宛ての書簡で、「まだ多 くの未解決の疑問があり、さらに調査を進めるのは当然だ」と指摘し た。

ニューヨーク連銀が13日公表した資料で、英銀バークレイズが08年 にLIBOR金利を低く報告していたことに同連銀は気付いていたこと が分かった。これを踏まえ、銀行監督当局としての同連銀の実績に批判 的な議員はますます目を光らせている。

原題:Neugebauer Seeks More Documents From Fed on Libor Manipulation(抜粋)