グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市場の動 きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は下落。ハンセン指数が2カ月ぶりの大幅な下落率と なった。中国人民銀行(中央銀行)の貨幣政策委員が同国の経済成長は 一段と減速する恐れがあるとの予想を示したことに加え、ギリシャのユ ーロ圏離脱観測が再浮上したことが重しとなった。

欧州最大の銀行、英HSBCホールディングス(5 HK)は5.7% 安。売り上げの大半を欧州に依存する衣料小売りのエスプリ・ホールデ ィングス(330 HK)は1.9%下げた。国際通貨基金(IMF)や欧州中 央銀行(ECB)などはギリシャ訪問団を派遣し、支援条件の達成に向 けた同国の取り組みの進展を評価する。スペインは24日に証券入札を実 施する。

減益見通しを明らかにした港湾運営の招商局国際(144 HK) は5.9%安。仏クレディ・アグリコルからCLSA部門を買収すること で合意した中国の証券会社、中信証券(CITIC証券、6030 HK) は7.3%下落した。

ハンセン指数は前週末比587.33ポイント(3%)安の19053.47で、 先週の上昇分を1日で消した。指数を構成する49銘柄のうち上昇は1銘 柄で、他は全て下落した。ハンセン中国企業株(H株)指数は同3.1% 安の9271.60。

パイパー・ジャフレー・アジア・セキュリティーズのプリンシパル トレーダー、アンドルー・サリバン氏は「欧州に関したより前向きな見 通しが示されるまで、中国はプレッシャーにさらされるだろう」と指 摘。「ここへきてスペイン問題が浮上したことで、ユーロ崩壊の可能性 は以前より高まっているように見える」と述べた。

【中国株式市況】

中国株式相場は下落。上海総合指数が2009年3月以来の安値となっ た。中国人民銀行(中央銀行)の貨幣政策委員が7-9月(第3四半 期)の経済成長率は鈍化するとの予想を示したことや、欧州危機を背景 に輸出見通しが悪化したことが要因。

銅生産の江西銅業(600362 CH)は3.2%安。石炭の中国神華能源 (601088 CH)は1.3%安。景気減速で資源需要が弱まるとの懸念が強ま った。アルミニウム生産で同国最大手の中国アルミ(チャルコ、601600 CH)も1.5%安。

中国4位の保険会社、中国太平洋保険(集団、601601 CH)は2.2% の下げ。米投資会社カーライル・グループ系のファンドが同社の香港上 場株式を売却する方針と伝わった。減益見通しを発表したディーゼルエ ンジン製造の濰柴動力(000338 CH)は7.9%安と、10年11月以来の大幅 な値下がり率となった。

大衆保険の呉侃ファンドマネジャー(上海在勤)は、「景気は依然 下向きだ。企業業績が予想より悪化する可能性があることを示してい る」と分析。「中国当局は景気減速への対応が遅く、その成長促進策の 規模に市場は失望している」と話した。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動して いる上海総合指数は、前週末比27.24ポイント(1.3%)安の2141.40 と、09年3月13日以来の安値で終了。上海、深圳両証取のA株に連動す るCSI300指数は同1.4%安の2365.43となった。

【インド株式市況】

インド株式相場は下落。指標のセンセックス30種指数は約1カ月ぶ りの安値に落ち込んだ。政府が経済改革でさらなる障害に直面するとの 懸念があるほか、ギリシャのユーロ離脱を示唆する兆候が増えたことも 材料視された。

インド最大の乗用車メーカー、マルチ・スズキ・インディアは急 落。先週暴動が発生したマネサール工場での生産を調査完了まで再開し ない方針を示したことが手掛かり。鉄鋼会社のジンダル・スチール・ア ンド・パワーは2.7%下げた。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種は前週末比281.09ポイント (1.6%)安の16877.35で引けた。終値としては先月19日以来の安値。

インドの6政党はシン首相に宛てた21日付の共同書簡で、米ウォル マート・ストアーズなど外資系小売り企業による出店を容認する計画を 復活させないよう要請した。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前週末比70.18ポイント(1.7%)安の4128.94。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前週末比33.49ポイント(1.8%)安 の1789.44。

【台湾株式市況】

加権指数は前週末比135.95ポイント(1.9%)安の7028.73。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前週末比33.04ポイント(1.1%)安の2982.49。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサ・マレーシアKLCI指数は前週末比6.83ポイント (0.4%)安の1636.17。

【タイ株式市況】

SET指数は前週末比23.44ポイント(1.9%)安の1185.11。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前週末比71.41ポイント(1.8%)安 の4009.79。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前週末比71.49ポイント(1.4%)安 の5139.40。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE