新興市場の株式買いに「うってつけ」の時期-モビアス氏

資産運用会社テンプルトン・エマー ジング・マーケッツ・グループのマーク・モビアス会長は、新興市場国 の株式を買い増している。同氏は新興市場国の経済成長は長期的には先 進国を上回ると指摘、市場への悲観的な見方から株式が割安になってい ると述べた。

モビアス氏は23日、クアラルンプールで記者団に対し、「株式を買 い入れるにはうってつけの時期だ」と述べ、「株価は下げている。株式 市場がブームだった時よりも今のほうが私はより楽観的だ。今は割安な 銘柄が増えているのでさらに楽観的だ」と続けた。

MSCI新興市場指数は3月2日に付けた年初来高値から15%下 落、今年に入ってからの伸びは0.2%に抑えられた。中国の成長減速が 深刻化し、欧州の債務危機が悪化しているとの懸念が背景だ。

同氏はマレーシアとインドネシア、中国、ロシア、ベトナム、ナイ ジェリアに加え中南米、特にブラジルの株式投資を増やしていることを 明らかにした。消費者・原材料関連の銘柄を積み増していると語った。

モビアス氏は「悲観的な見方から今の株価は非常に割安だ」と述 べ、「新興市場のパフォーマンスは時折先進国を下回ることもあるだろ うが、経済成長から見て長期的に上回るのは確実だ」と語った。

原題:Mobius Says ‘Wonderful’ Time to Accumulate Emerging Stocks (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE