トヨタ:仏PSAが欧州で小型商用車をOEM供給へ-応分の負担

トヨタ自動車は欧州で仏PSAプ ジョー・シトロエンから小型商用車のOEM(相手先ブランドで生産) 供給を受ける。対象モデルは、2013年央からPSAのプジョー「エキ スパート」とシトロエン「ジャンピー」をベースにした商用バン。

発表資料によると、トヨタの欧州統括会社、トヨタ・モーター・ ヨーロッパ(TME)とPSAは次期モデルについてもOEM供給で 合意。トヨタ側は開発費と設備投資について、応分の負担をする。い ずれも、PSAが生産し、資本提携は行わない。

TMEのディディエ・ルロワ社長は、トヨタとPSAがチェコで 小型乗用車の合弁事業を行っているが、欧州市場で小型商用車セグメ ントは重要であり、両社で力を合わせて顧客の要望に応えていきたい と発表文でコメントした。また、PSAのジャン・クリストフ・ケマ ール副社長は、今回の合意は両社の欧州小型商用車市場で競争力の強 化につながるだろうとの見解を表明した。