中国、南シナ海の島に軍「警備区」設置へ-新華社

中国は領有権をめぐって近隣諸国や 米国との間で緊張が高まっている南シナ海の島に軍の「警備区」を設置 する。

新華社通信が22日報じたところによると、警備区はこのほど新設さ れた三沙市(住民1100人)を担当するために設置される。三沙市はベト ナムも領有権を主張する西沙諸島に新設された。

この海域をめぐっては中国とフィリピン、ベトナム、台湾、ブルネ イが領有権を主張している。台湾の国際関係研究センターの研究員、ア ーサー・ディン氏は「中国が真剣に取り組んでいることを示すためで、 各行政区に軍警備区を設置しているように、同市にも設置するというも のだ」とし、「戦闘準備とは関係がない」と指摘した。

新華社電は、どのような軍関係者や装備が三沙に配置されるか、詳 細について伝えていない。

原題:China Plans to Put Garrison on Disputed South China Sea Island(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE