韓国:消費てこ入れに住宅ローン融資規則緩和へ-大統領顧問

世界的な需要鈍化で輸出に依存する 韓国経済が打撃を受ける中、同国政府は不動産市場の活性化と消費てこ 入れを狙い住宅ローンの融資規則を緩和する。李明博大統領の顧問が明 らかにした。

金大棋経済首席秘書官は22日、ソウルで記者団に対し、銀行が住宅 ローンの借り手に適用する「所得に対する債務の比率の制限には不合理 な部分が多く見られる」とした上で、「規則の基本的な枠組みを維持し ながら、一部の不合理な部分は緩和されるべきだとの結論に至った」と 語った。詳細には言及しなかったものの、企画財政省の申済潤次官を中 心とする23日の関係省庁会議で措置や行動の具体策が協議される見通し だという。

韓国銀行(中央銀行)は12日、欧州債務危機や中国の景気減速、米 労働市場の弱さに伴う影響への対応策を強化する中で、予想に反しこの 3年余りで初の利下げに踏み切った。ブルームバーグ・ニュースがまと めた調査の予想中央値によると、26日発表の韓国の4-6月(第2四半 期)国内総生産(GDP)は前期比0.5%増に鈍化する見通し。

マーク・ウィリアムズ、アンドルー・ケニンガム両氏が率いるキャ ピタル・エコノミクス(ロンドン)のエコノミストは23日付のリポート で、「世界の経済環境が深刻化する中、輸出主導型の韓国経済は今後も 苦戦する」と予想、「結果として今月の韓国中銀の利下げに続き、一段 の追加緩和策を講じる公算が大きい」との見方を示した。

原題:South Korea to Ease Mortgage Lending Rule to Spur Consumption(抜粋)