アジア株:続落-中国の景気減速見通し、ギリシャ懸念再燃で

23日のアジア株式相場は先週末に 続いて下落。中国人民銀行(中央銀行)の貨幣政策委員が同国の経済成 長率が鈍化するとの見通しを示したことに加え、ギリシャは支援プログ ラムの条件を満たせない恐れがあるとの懸念が再浮上し、比較的リスク の高い資産への需要が減退した。

香港に上場する中国の不動産開発株が軟調。世茂房地産は2%下げ た。売り上げの47%を中国と欧州で稼ぐ韓国のサムスン電子は2.7% 安。

中国太平洋保険(集団)は香港市場で7.3%安。米投資会社カーラ イル・グループ系のファンドが同社株式を売却すると伝わった。原油や 金属相場の値下がりを受けて、世界最大の鉱山会社、英・オーストラリ ア系BHPビリトンは2.9%下落した。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午前11時40分現在、前週末 比1.5%安の114.97。

原題:Asia Stocks Fall for Second Day on China Slowdown, Greek Concern(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE