豪州:4-6月のPPI、前期比0.5%上昇-輸入物価高で

オーストラリアの4-6月(第2四 半期)の生産者物価は、輸入物価や農産物価格、石油精製コストなどの 上昇を背景にこの1年余りで初めて伸びが加速した。

豪統計局が23日発表した4-6月期の生産者物価指数(PPI)は 前期比0.5%上昇。ブルームバーグ・ニュースが集計したエコノミス ト18人の予想中央値では0.3%上昇が見込まれていた。1-3月(第1 四半期)には同0.3%低下していた。4-6月は前年同期比では1.1%上 昇と、予想中央値の1%上昇を上回った。

4-6月は一部の農産品価格が10.9%、製油コストが4.3%それぞ れ上昇。商業漁業コストは12.2%、宿泊は5.6%いずれも低下した。ま た、国内で生産された製品価格が0.3%上昇にとどまる一方、輸入品 は1.9%上げた。

原題:Australian Producer Prices Rose 0.5% Last Quarter on Imports (1)(抜粋)

--取材協力:Daniel Petrie.