NY原油時間外:急落-中国の経済減速と欧州債務危機懸念で

ニューヨーク原油先物相場は23日の 時間外取引で続落。下げ幅は一時、2ドルを超え過去約2週間で最大と なった。中国の経済減速と欧州債務危機悪化懸念が嫌気されている。

原油先物は一時、2.2%下落。中国人民銀行(中央銀行)の貨幣政 策委員は経済が一段と冷え込む可能性があると述べた。アテネでは24 日、国際債権者が会合を開くが、ギリシャが救済策の目標を達成できな いのではないかと懸念が強まっている。スペインの救済策は先週合意さ れたが、ユーロは対ドルで過去約2年間で最低の水準まで落ち込んだ。 イラクは20日のパイプライン爆発後停止していたトルコ向け原油輸出を 再開した。同パイプラインの油送量は日量30万-35万バレル。スマリ ア・ニュースが匿名のイラク政府関係者の話として伝えた。

ニューエッジ・ジャパン証券商品デリバティブ営業部の長谷川健課 長は、欧州債務危機が続いている上、中国も問題になりつつあるとし、 原油供給はまだ多く、上値は限定的だと指摘した。

原油先物9月限は一時、2.06ドル安の1バレル当たり89.77ドルを 付けた。シンガポール時間午後2時40分(日本時間同3時40分)現 在、89.78ドルで推移している。前週末20日の通常取引は1.2%安 の91.83ドルで引けた。年初来の下落率は9.2%。

原題:Oil Falls Most in Two Weeks on China Slowdown, European Debt(抜粋)

淡路毅 +81-3-3201-2107 tawaji@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE